逢瀬いなか体験交流協議会    
2016/01/28

日本女子大が逢瀬にきた

2014年8月15・16日(土・日)と30・31(土・日)に、
日本女子大学の学生が逢瀬きてくれました(計20名ほど)。

ともに、1泊2日と短い時間でしたが、
逢瀬での自然豊かな暮らしを楽しんでいただけたのではないでしょうか。

◆◆ 1日目 ◆◆

交流会    : 学生と母ちゃんズが交流しました
昼食     : 田舎のお弁当(みんなでオニギリを作りました)
農業体験   : 収穫、種まきなどを体験しました
料理体験   : 採れたて野菜で料理を作りました
入浴     : 逢瀬の温泉に癒やされました

◆◆ 2日目 ◆◆

グループワーク: 田舎生活&原発被害について考えました
昼食:    : 自然の中で流しそうめんを楽しみました
お別れ会   : ひっとこ踊りで見送りました

エネルギーあふれる女子大生に、逢瀬の母ちゃんズは沢山の元気をもらいました。
日本女子大学の皆様、ありがとうございました。
またのお越しを楽しみにしています。

過去記事

環境再生活動事例発表会:母ちゃんズ里山料理を振る舞う

環境再生活動事例発表会:母ちゃんズ里山料理を振る舞う

『第6回環境再生活動事例発表会(福島):2014/12/7(日)』にて、『郡山市逢瀬町の母ちゃんズによる里山料理』を提供しました。手鞠ずし、巻きずし、キャベツ餅、きなこ餅、野菜汁などなど、豪華なメニューです。 盛り付けにも気をつかっ

『農園cafeやい子ばあちゃん』を訪れる

『農園cafeやい子ばあちゃん』を訪れる

2014年11月11日福島県石川郡石川町の『農園cafeやい子ばあちゃん』を、逢瀬の母ちゃんズが訪問しました。 普段は料理体験を提供する立場ですが、料理体験を受ける立場になることで、“おもてなし”について新たな気付きを得ることができ

だれもが笑顔に!!逢瀬の伝統芸能:ひょっとこ踊り

だれもが笑顔に!!逢瀬の伝統芸能:ひょっとこ踊り

逢瀬の“ひょっとこ面”には口がありません。口が見えるので、様々な感情を表現することができます。でも目は見えないため・・・なぜが恥ずかしさは無くなっちゃいます。 “ひょっとこ踊り”は楽しんでもらうだけでなく、表現力の向上という教育的な

プライバシーポリシー お問合せ