逢瀬いなか体験交流協議会    

農家民宿 なかむらさんち

食事提供担当の中村喜代さん。

「なかむらさんち」ってどんなところ?

逢瀬町に7ヘクタールの田んぼを持つ米農家の中村さんが営む農家民宿「なかむらさんち」。囲炉裏がある築120年の古民家で、ゆったりとした時間を過ごすことができます。

中村さんが農家民宿を始められたきっかけは、前代の和夫さんが「農業のことを少しでも理解してもらいたい」と、日頃より援農者や農業体験希望者の体験を受け入れていたこと。よりゆっくりとした交流の時間や継続した体験を提供するために、2006年より宿泊者の受け入れをスタートしました。

「なかむらさんち」ならではの体験は?

有機農法にこだわりを持つ中村さんは、特別栽培米や慣行栽培米だけでなく、JAS認証の有機栽培米の生産にも力を入れています。そのため、農業体験では田植えや稲刈りに加えて有機農法の実習も受けることができます。また、近くにある市営の園芸センターとも時折連携をしており、そこでは里山・田んぼ・畑での農業体験・説明を受けることができます。

「なかむらさんち」のテーマは「食べる」こと。中村さんが育てたお米や野菜、地域で採れた新鮮な食材で作られる食事は健康的なだけでなく、「作る人がいるから食べることができる」という大切なことを教えてくれます。事前連絡をすれば、農家レストランとしてさまざまな食事を提供していただくことも可能です。

中村さん

我が家に来ていただく方達とのつながりをいつも強く感じ、ありがたく思っています。宿泊・体験を通して、地域の魅力や地域の人達の熱い思いにぜひ触れていただきたいです。

名称なかむらさんち
住所福島県郡山市逢瀬町多田野字本郷102
電話024-957-2712
定員8名
食事地元の新鮮な食材を使った料理
体験田植え、稲刈り、有機農法の実習などの農家体験

プライバシーポリシー お問合せ